蔵王町街道いまむかし

 四方峠
 宮城県蔵王町、村田町、川崎町にまたがる四方峠は、かつて四方坂と呼ばれていた。江戸時代の地誌に「四面皆坂道の如し、故に四方峠という」との記述があります。峠の頂からその面影を眺めることができる。
南側を中心に視界が開け、東に太平洋、西に蔵王連峰が見渡せる。この峠に至る街道の一つが蔵王町宮に始まる羽前街道だ。仙台市長町を起点に山形に至る笹谷街道と、川崎町前川で合流する。延長約20舛涼擦こ稿擦世、欧州街道と羽州街道を結ぶ笹谷海道の一部として見ると幹線の機能も担っていた。
 四方峠は、古くは鎌倉幕府の史書「吾妻鏡」に登場する。源頼朝が平泉の奥州藤原氏を攻めた奥州合戦(1189年)で街道沿いの峠一帯が戦場になった。七回に及ぶ激戦の末、平泉軍敗北。やがて奥州藤原氏は滅び、頼朝は鎌倉に幕府を開いた。蔵王町教委文化財保護係長の佐藤洋一さんは「鎌倉時代前の」平安時代には、羽前街道の原型ができていた可能性が強い」と説明する。
 峠の蔵王側ふもとには平安後期に付いたとみられる地名が今も残る。
根無藤(ねなしふじ)。一戦場(いっせんば)。前九年の役(1051〜62)と奥州合戦に由来があるという。
 1994年、地元平沢の住民らで「旧羽前街道保存協議会」を設立し
95年からは、大名行列を再現する「旧羽前街道道中まつり」を散策路を舞台に行っています。
 平安の昔に開かれた街道を散策されてはいかがですか。
山水苑日記 | 2008.08.31 08:34 | コメント(0)

種まき

8月も終わろうとしていますが、もう残暑らしい日もなくこのまま秋へと移りゆくのでしょうか・・。
この様な中で蔵王山水苑の貸農園では、秋まきの野菜の種まきが始まり、4〜5日前に種まきしたダイコンが発芽してもう本葉が出始めました。畑一面に気持ち良いほど次々に葉がでています。これがあの白く太いダイコンになるなんて想像もつきませんね。あと2ヶ月過ぎるとりっぱなダイコンが収穫できる様です。蔵王の気候はダイコン栽培に適していて、特に蔵王高原大根は、はだがきれいでやわらかくおいしいとの評判です。11月に蔵王町七日原では、自由に大根を抜きながら袋へつめ放題といった蔵王高原大根狩りがあります。
昨日、スーパーの特売日に1本97円で大根を買って来ました。食卓に和風ハンバーグと称して大根おろしをそえました。おいしかった!これから秋にかけ畑いっぱいとなる大根、収穫が楽しみです。

山水苑日記 | 2008.08.30 10:20 | コメント(0)

雨の日が続き、久しぶりに晴れたこの日、傘を干しているお庭をみつけました。
この日はやっと洗濯物も乾き清々しく感じました。
傘を見ていると遊び心があり楽しい気持ちになりました。
せっかく干した傘も、すぐに使うようになり大活躍!!
雨も、程々に降ってくれればいいけれど、災害が起きるくらい降ってしまうと大変です。

山水苑日記 | 2008.08.29 09:49 | コメント(0)

花火大会裏話

8月23日(土)小雨とは言えない雨の中花火大会を決行致しました。5時より出店が開店し、6時より太鼓の演奏と雨の降りしきる中、本来なら屋外で行う催し物など全部屋内に入り散々な物でした。7時より打ち上げる花火も然り、時間を早めに繰り上げ導火線は雨に濡れない様に下向きにして持っていて空かさず点火すると言う状態でした。まあ、終わって見ればこう言った経験もいいかもね。
山水苑日記 | 2008.08.28 09:57 | コメント(0)

芦ノ牧温泉

芦ノ牧温泉の駅長さん
先日、福島県の芦ノ牧温泉に行って来ました。
いつもなら車で出かける旅ですが、今回は鉄道の旅に・・・
会津鉄道は人気の鉄道で、期間限定のトロッコ列車があります。
今回は、トロッコ電車に乗れませんでしたが、のんびり電車の旅もいいものだと思います。

会津鉄道【芦ノ牧温泉駅】には、名物駅長さんがいます。
《バス》ちゃんといいます。和歌山のたまちゃんに続く、猫駅長です。
お仕事っぷりは・・・聞かないで。

芦ノ牧温泉の駅長さん「バス」


芦ノ牧温泉駅から旅館まで4疏迎を頼んでいましたが歩くことに。
昼食を食べ休憩しながら2時間かけて歩き、疲れましたが気分爽快!!
その後、露天風呂に入り疲れをとりました。
夕食終了後、旅館のマイクロバスで温泉協会が主催する「会津民話の語りべ」を聞きに開演場所まで移動。
会津訛りに触れ、ちょっと言葉がわかりにくいかったのですが囲炉裏の前にもんぺ姿で座るおばあさん。なんか懐かしい感じがしました。


山水苑日記 | 2008.08.27 15:32 | コメント(1)
蔵王山水苑のホームへ
情報誌「やまぼうし」